蒲生氏郷

蒲生氏郷

出身:近江(滋賀県)
生誕:1556年
死没:1595年2月7日

 

家紋:向かい鶴
向かい鶴

 

文武両道、有能な武将として信長も秀吉も認めた男。

 

氏郷の父が信長に降伏し、13歳の時に信長のもとへ。信長は氏郷の能力を見抜き、娘の冬姫を嫁にさせた。信長の死後は豊臣秀吉に従い、秀吉からは「100万の大軍を指揮させてみたい」とまで言わしめた。秀吉の天下統一後は、伊達政宗の見張り役として会津92万石を任された。