宇喜多秀家

宇喜多秀家

出身:備前(岡山県)
生誕:1572年
死没:1655年11月22日

 

家紋:剣片喰
剣片喰

 

腹黒直家の子。秀吉に仕え、朝鮮出兵では総大将、その後の関ヶ原の戦いでは副大将を務めた。敗戦後は家康に島流しにされ、八丈島で84歳まで生きた。